【決定】c0banのアルゴリズム変更の開発進捗報告


#1

みなさま、様々な議論を有難う御座いました。
c0ban Projectでは、多くのマイナーの方に入って頂き、
c0ban認知度向上、マイナーの裾野を広げるとの思いでアルゴリズム変更を行いたいと思います。
前回のハードフォークでSHA256→Lyra2REv2に変更したのもそのような思いで、
ASIC耐性のあるアルゴリズムを選択しましたが、ハードフォーク後、すぐASICが出てしまい、マイナーの裾野が広がる前に、クラウドマイナーがハッシュレートのほとんどを占めるという状況になってしまいました。

このため、c0ban Projectは、本来目指した通貨の姿、発展のため、
アルゴリズム変更の開発を進めます。
開発はオープンにするため、このトピックで進捗を報告します。

技術者の方は、このForumでもGitHubでもどんどん入ってきて下さい。
このトピックは、アルゴリズム変更の技術者の方の議論のトピックです。


#2

アルゴリズム変更のやり方だと二通りあり、

sakuraさんの投稿のLyra2REv2のアルゴリズムを入れ替える方法

t-1からtを計算しているlyla2を改変し、
スクイーズの際に1/nにしてマトリックス状にする方法

しかし、後者は難易度がかなり高く時間もかかります。
ですので、sakuraさんの提案のアルゴリズムを入れ替えてASIC耐性をもたせた形で、
通貨の方を変更、ccminerも変更という作業を行いたいと思います。
プールの設定値の変更も必要になりますね。

まとめると、
今回は、Lyra2REv2のアルゴリズム入れ替えを行った、
アルゴリズムを作る。仮に名前はLyra2vc0banとする。
これでASIC耐性はあるが、c0ban独自のアルゴリズムと言えるほどでもない。

将来的には、c0banhashと言えるような、
c0ban独自のアルゴリズムを作るように開発を進めていく。

このような形になります。

通貨の方とccminerまではc0ban Projectでやってテスト通してみます。
その後、c0ban専用のプールを作る必要もあるので、

技術者の方のご参加お待ちしています。


#3

早速トピック作成ありがとうございます。

Gitでアルゴリズム変更のブランチを切っていただくことは可能ですか?
(もともとそのつもりだとは思いますが)
そのブランチ見て変更内容など確認できるので。


#4

はい、そのつもりです。
承知しました。

私の方では、進捗都度、報告します。


#5

このブランチで修正をし、テストをしていきます。


#6

32bit版も作ってもらえると嬉しいです。


#7

現在実装中ですが、通貨側のアルゴリズム変更をgithubで公開しました。
Lyra2REv2のアルゴリズムの入れ替えを行っています。
名称はLyra2REvc0banとしてます。


#8

テスト自体は順調に進んでおり、
アルゴリズム切り替えも下記で行いました。
generate (SHA) →HF1 (Lyra2v2) →HF2 (Lyra2vc0ban)
送金テスト c0ban(Lyra2vc0ban)、ccminer、Pool 全てに関して、今のところ問題は出ていません。


Hfブロック高1,640,000
アルゴリズム変更をブロックチェーン投票で判断する提案 CIP-1 (C0ban Improvement Proposals-1)